間取り・設備がライフスタイルに合わない

コンパクトな間取りで十分と住み始めたものの、暮らしていくうちに狭さを感じたり、あるいは広々とした空間で生活したいと余裕のある間取りを選んだら、広さを持て余し気味になったり、間取りに関する失敗は一人暮らしにありがちです。また、お風呂が狭いと感じたり、キッチンの使い勝手が良くないと感じたり、設備に関して不満が噴出することもよくあります。実際の生活してみると、イメージと異なる部分が気になってくるものです。できる限り具体的な生活を想定しながら、間取り・設備を選びましょう。

家具家電が使いにくい

例えば広いベッドを設置したら部屋に対して大き過ぎたり、小さなテーブルを選んだら来客が多くもう少し大き目のタイプを買えば良かったと後悔したり、家具家電に関することもよく起こる失敗です。必要なものはすべて揃えた状態で生活をスタートさせたい!と思う方は多いでしょう。しかし、実際の生活にマッチせず、買い替えをすることになれば家計に大打撃です。失敗しないためには、必要最小限のものだけ揃え、ほかの家具家電は、生活しながら徐々に揃えていくなどの方法があります。

食費に高額を使ってしまう

1人暮らしは食費が安く抑えられると思っていたのに、気が付いたら高額を使っていたという失敗もよくあります。仕事をしながら家事も全て1人でこなさなければならないため、料理が面倒になり、ついつい出来合いの総菜やコンビニ弁当、外食などで食事を済ませてしまうこともあるでしょう。しかし、頻繁に外食や出来合いの食事を利用すると、食費がかさみます。手の空いた時間にまとめて料理を作り置きするなど、効率的な方法をとれば、かなりコストダウンできます。

家具の家電のレンタルは、一人暮らしをする人に最適なサービスです。一通り必要なものをセットで借りられるので助かります。