素材にこだわって選ぶのがポイント!

少人数の結婚式は、ゲストとの距離が物理的にも近いのが特徴です。そのため、ゲストは花嫁のドレスを細部までしっかりと見ることができます。また、大人数の結婚式と異なり、大きな演出を用意するよりも歓談の時間を多めに確保することが多いはず。となると、花嫁を至近距離で見る時間も長くなります。

そこでドレス選びの際には、素材と色にこだわって選ぶことをおすすめします。写真や遠目に見るというのであれば、シルエットを優先して選ぶのもありですが、少人数の場合はシルエットもさることながら、どんな素材を使ったドレスかが重要です。

シルクやミカドサテンなど、しっかりとした品質の生地やレースは至近距離で見てもとても美しいものです。せっかく細部まで見てもらえる少人数結婚式ですので、素材にとことんこだわって選ぶことをおすすめします。

同じ「白」でもしっかり選んで!

「ウエディングドレスなのだから、何を選んでも白でしょ?」と思いがちですが、実は白色にもさまざまな種類があります。大きく分けると3つあり、純白と呼ばれる真っ白な白、日本人の肌に最も馴染みやすいと言われるオフホワイト、アンティークな雰囲気が漂うアイボリーの3種類です。

純白を希望する花嫁も多いですが、実は難しいのが純白。肌の色によっては肌がくすんで見えてしまう場合があるのです。少人数の結婚式では一人一人との距離が近く、顔を見ながら会話する時間も長くなります。

せっかくだったら顔色がぱっと明るくなる白を選びたいものですよね。会話する距離で自分の肌が一番明るく見える白を選ぶようにしてみると、少人数結婚式の良さをより感じることができるのではないでしょうか。

身内や友人など、ごく親しいゲストだけを招くことができるので、少人数結婚式を希望するカップルが増えています。専門の結婚式場だけではなく、ホテルやレストランでも挙式を受け付けています。