ローソファのメリットとは

ソファは今やリビングには必須アイテムです。応接間に置くようなラグジュアリーなものやカウチソファのようにカジュアルなものまで種類も豊富です。中でもローソファは、座ローソファの良い点はは、普通のソファより高さが低いため、座ると天井までの距離が高いことや狭い部屋でもより広く感じる視覚効果にあります。冬にはこたつと合わせられる汎用性の高さもメリットの1つです。

ローソファのデメリット

ローソファは、高さが低いため、立ち上がる時に膝に負担がかかります。膝が悪い方はローソファを選ぶ際に注意が必要です。リラックスして座っているつもりでも腰に負荷がかかる座り方になっていることもあります。特に腰痛持ちの方は気をつけましょう。ソファによっては腰をサポートするような作りになっているタイプもあります。いろいろな種類があるので、お店で座ってみて相性の良いものを選びましょう。

ローソファを選ぶポイント

ソファを選びにはソファに座る時のイメージを持ってお店に行くことをオススメします。座り心地を重要視しがちですが、ローソファは、全体的に低いので背もたれの高さがちょうどいいかどうか、テレビを見る時の目の高さが座った時に不自然でないかなどがチェックポイントです。空間を有効に使えることがローソファのメリットですが、背もたれが低すぎると背中や首が疲れることも考えられます。一方で、背もたれを重視しすぎて、せっかくの空間が台無しになることもあります。ローソファのなかにはフロアタイプもあり、選択の幅は広がりますが、どういうシーンでローソファを使うのか、掃除をする場合はどうかなどを念頭に置いて選ぶことが大切です。

通常のソファーより高さが低いローソファーは、地面(床)に近い高さに座ります。これにより、部屋全体が広く見える、ゆったり座れるといったメリットが得られます。