和婚は華やかなアイテムで

古き良き日本の伝統を継承した和婚が注目され、従来の神前式のほか、近年では人前式の人気も高まってきています。和の花嫁衣装は白無垢や黒の引き振袖、色打掛など豪華絢爛ですよね。チャペルウエディングではやはり白が映えますが、和婚では、金糸や銀糸、錦などを使った色鮮やかな小物がよく合うでしょう。そんな華やかなリングピローを手作りして自分らしいスタイルを楽しみましょう。

桜と総引きの革ヒモで

可憐な桜の花びらはウエディングのときめく気持ちを表現してくれますよ。サテン地に手芸綿を詰めてハート形の土台を作ったら、レースで縁取り表面に桜の花びらを貼り付けていきます。ろう引きの赤い革紐の先端に紅色のビーズを通して、蝶結びしたものを真ん中にセットすれば、それだけでリングピローが和テイストになるでしょう。

日本の情緒が漂うデザインに

伝統的な和の婚礼をイメージしたいのなら、白の縮緬地に紅白のリボンをあしらったものもいいですよ。角にはタッセルをつけてリングピローを升の上に置いてもいいでしょう。年配のゲストにも好感を持ってもらえそうな、トラディッショナルな雰囲気になりますよ。白無垢の花嫁によく合うでしょう。

帯モチーフで華やかに

金糸で刺しゅうを施した布を使って帯に見立てたデザイニングのリングピローは、着物の色や柄に合わせて布地を選んだり、紐の結び方を変えたりとアレンジを楽しむことができるでしょう。振袖や色打掛に合わせたいアイテムです。

たくさんの色味を使って

黒の引き振袖のような布地に洋菊のマムの装花を合わせ、周囲を紐でひと巻きした華やかなリングピローも素敵ですよ。縮緬で作った紐を蝶結びして取り付け、マムの色は紫や緑にすれば和テイストになるでしょう。

福岡の結婚式場を選ぶ場合には、費用や交通アクセスさらに式場のサービスなどさまざまな点から比較できます。1つずつポイントを確認して、理想の結婚式があげられるようにしましょう。